誰もが聞いたことのある噂

鏡を見てお化粧をしていると、髪の毛にキラキラと光るものが。まさかと思いキラっとした髪を探してガッカリ・・やっぱり白髪発見です。

 

一気に老け込んだ気がして凹みますが、この際抜いてしまえば証拠隠滅できます。

 

誰にも知られないうちにプツンと抜いてスッキリ♪でもやっぱり後々気になってしまいますね。

 

 

白髪を抜くと増えるという話を耳にした事がありますし、倍になるという話まで世に出回っています。これは本当なのでしょうか?

 

 

それともただの都市伝説?ここからは白髪を野放しにした方が良いのか、それとも抜いた方が良いのか、調べて分かった事をお伝えしていきます。

 

 

まず結果論から言いますと、白髪を抜くと増えるとか倍になるという話はデタラメです。

 

 

ヤッタ〜!だったら今から出てくる白髪をどんどん抜いていこう!←これはちょっと待って下さい。

 

 

もし生えてきた白髪をどんどん抜きまくったら、結果どうなるのでしょうか。実際に白髪を抜いた経験がある人なら分かるのですが、白髪でも結構しっかりしています。抜くと頭皮が痛いですし、毛根もしっかりあるのが分かると思います。

 

 

ここからは白髪になるメカニズムをお伝えさせて下さい。

髪が黒いのはメラニン色素の働きによるもので、白髪はメラニン色素をつくる働きが衰えることで発生するものです。色素が供給されなくなれば髪の毛に色がつかない為、自然と白いままの毛が生えてくる事になります。抜こうが抜くまいが、その毛穴からはすでにメラニン色素が充分に供給されなくなっています。

 

 

そもそも何故メラニン色素をつくる働きが衰えてしまうのでしょうか?

 

 

加齢やストレス、生活習慣、遺伝、病気など、様々な原因がある様です。とはいえ白髪に関しては未だに謎めいた部分が多く、しっかりとした解明や対策が期待されます。

 

 

さて白髪を抜いた際に毛根もしっかりある事から、やはり白髪といえどむやみに抜くのはいけないのが分かります。

 

 

毛根があるという事は成長途中の毛ですから、白髪であれまだ生えていたかった毛です。それをむやみに抜くのはやっぱりいけません。むやみに抜く事によって毛根が傷つき、細くて弱々しい毛が生える事があります。

 

 

毛穴が変形してうねった毛が生えてくる事もありますし、同じ場所から白髪が生える→白髪を抜く→また生える→抜く。これを繰り返しているうちに、毛が生えなくなってしまいます。薄毛の原因に繋がってしまうのです。

 

 

この間テレビで放送していたのですが、一昔前に流行った細眉ブームに乗って眉毛をひたすら抜いた女性がいました。今になりナチュラルな太眉ブームが到来し
、生やしたくても生えてこない事に悩んでいるのです。

 

 

育毛剤、マッサージ、どれをやっても眉は生えてこず、まゆ墨で書き足しても不自然なままです。しかも汗をかくと消えてしまいます。涙を流しながら、毛を抜いた日々を後悔していました。毛を抜き続けるというのは、毛根を破壊して毛が生えない状態を作ってしまう原因になり得ます。

 

 

白髪だって同じ事です。白髪を抜いたら増えるという都市伝説は嘘でも、だからといって白髪を抜くのは絶対に止めましょう。

 

 

それでも白髪を放っておくのは嫌ですから、そんな時は眉切りバサミなどの小さいハサミで白髪を根元に近い部分から切りましょう。そうすれば白髪は目立ちませんし、毛根も傷つきません。

 

 

 

同じ場所から数本白髪がある時は、マスカラタイプの白髪隠しを使うと良いです。部分的な白髪をうまく隠す事ができます。最初はうまくいかなくても、慣れると簡単に使いこなす事が出来る様になります。毎回白髪をマスカラで染めるのは面倒、又は白髪が増えてきたという人には、トリートメントタイプの白髪染めを使ってみて下さい。

 

 

シャンプーの後にトリートメントとして使うだけなのでとっても手軽です。

 

 

ここからは余談ですが、白髪を抜くと増えるという噂はウソではあります。しかし白髪が発見した頃には、すでに近くの毛にも白髪が潜んでいる事が結構あるのです。白髪を抜いたは良いけど、実は近くの白髪が潜んでいた。

 

 

それを発見したタイミングが重なり、「抜いたからふえたんだ」と錯覚した可能性は大いにあります。加齢や遺伝での白髪の場合、対策は結構大変です。しかしストレスや生活習慣も大きく関わっていますから、白髪を見つけたら改善する様努力してみて下さい。

 

 

 

近年、活性水素によって細胞に元気を取り戻させ、結果白髪改善に大きく役立つ事が解ってきています。発毛や育毛専門のクリニックが、白髪や薄毛対策として水素サプリを扱い始めているのです。もし深刻に悩んでいるのなら、この様な専門機関に一度相談するのも良いかと思います。

 

 

頭皮ケアに効果抜群のシャンプーはこちら