頭皮トラブルにつながりやすいようです

頭皮と髪の毛の為に使用している育毛剤のせいでトラブルが発生したなんて、ちょっと切ないですね。せっかく信じて使用していたのに、何だか頭皮がピリピリする。又はニキビが発生したりかゆみが出たり、炎症が起きて深刻化してしまうケースもあります。

 

 

もし育毛剤を使用して頭皮トラブルが起きた場合は、一旦育毛剤の使用を中止しましょう。

 

 

元々軽い症状であり、しかも完全に頭皮の異常が治まったのなら、量を減らして育毛剤を使ってみても良いと思います。これで再度トラブルに見舞われなかった場合、頭皮が一時的に弱ってしまっていたのか、あるいは育毛剤に対して頭皮が敏感になってしまっていたケースが考えられます

 

様子を見ながら少しずつ量を戻していって下さい。もし育毛剤の量を減らしても再度トラブルが起きた場合は、頭皮と育毛剤の相性が良くないのでしょう。

 

 

これ以上頭皮に刺激を与えると逆効果ですし、薄毛が進んでしまったら元も子もありませんね。この育毛剤の使用は止めるべきです。(もったいない)(高かったのに)この様な未練はスッパリと断ち切り、他の育毛剤を探す事に力を注ぎましょう。

 

 

そして皮膚トラブルが長く続きそうなら、やはり1度皮膚科などの専門家に診てもらった方が安心です。

 

 

 

何の成分が自分の頭皮に合わなかったのか?自分の頭皮に合う育毛剤の種類は?この辺りの疑問を解決してくれる糸口が掴めるかもしれません。
医薬品の育毛剤においては、ミノキシジルを配合している場合に肌トラブルが発生するケースが多いです。

 

 

 

肌の赤み、肌荒れ、ただれなどが特徴であり、肌が弱い人には注意が必要となります。この場合医薬部外品の育毛剤だと肌への負担が少くなり、トラブルが抑えられる事があります。しかし医薬部外品でも肌への刺激が強いケースがあり、絶対に安心とは言い切れません。

 

 

 

そんな場合は女性用の育毛剤に切り替えるのも手です。男性用の育毛剤よりも肌にこだわって弱酸性などにしている場合が多く、肌が薄くデリケートな女性にとっては使いやすいようにできているのです。香りも良かったりして、案外自分にピッタリな育毛剤だったりもします。もう1つ、肌が敏感な人用の育毛剤を使用するのもお勧めです。

 

 

 

多いのが無添加の商品で、無添加にこだわった育毛剤は結構販売しています。育毛剤に含まれている保存料や着色料、その他の添加物に過剰反応してしまう人は多く、肌あれや赤み、痒みや薄毛の進行といった症状が出る事は結構あるのです。

 

 

無添加のシャンプーなどの販売もされていますので、もし無添加の育毛剤にチェンジして調子が良かったら、シャンプーなども無添加で揃えると効果を助けます。

 

 

 

 

こうなると、いきなり高価な育毛剤を使うのが怖くなったりしますね。だって使って3日で肌にトラブルが発生した場合、勿体なくて育毛剤を捨てる気になれません。
しかしダラダラと使う訳にもいかないですし、次にまた高価な育毛剤を買う勇気がなくなってしまいます。

 

 

 

こんな時の為に、全額返金制度を掲げている育毛剤を購入してみるのも手です。

 

 

 

肌トラブルが出たり効果が全く感じられなかった場合料金が戻ってきますので、お金に関しては損がありません。皮膚科の診察料や頭皮ドラブルで受けた代償などは仕方ありませんが、せめて商品の代金だけでも戻ってくると安心します。

 

 

 

しかし各育毛剤によって条件がありますので、購入する前にしっかりと返金制度の確認をする事をお勧めします。

 

 

↓↓ 人気ナンバー1 育毛剤はコチラ ↓↓