人間の毛には全て毛周期があります

例えばワキ、ワキの毛周期は3〜4ヵ月です。脚や腕は4ヵ月〜半年位で、毛穴から毛が生える前の休止期からスタートし、成長期を経て抜け落ちる後退期までのサイクルが毛周期です。

 

 

人間の髪の毛ですが、長く伸ばせる事が可能です。これは一般的に髪の毛の毛周期が3年〜7年であり、体毛と比較すると圧倒的に長いです。ワキを髪の毛の様に長〜く伸ばせないのは、この様に毛周期が関係しているからなのです。

 

 

もう少し詳しく説明すると、毛周期はヘアサイクルとも言います。

 

【成長期】→髪が伸びている時期です。この成長期には毛母細胞が元気に分裂を繰り返して、髪の毛を上へ上へ押し上げています。この期間に髪は太く長く育つ、まさに成長真っ只中です。毛髪の約9割が成長期にあたります。

 

【後退期】→成長期の次にやってくるのが退行期です。この期間に入ると毛球が縮小し、一気に髪の成長が鈍ります。

 

【休止期】→髪の毛の一生の終わりが休止期です。完全に細胞分裂が止まり髪の毛は伸びなくなります。この期間に次の新しい毛を生やすための準備が行われています。この休止期が終わるとまた成長期に入るのですが、そのときに古い毛は抜け落ちます。

 

この様に、毛は成長期〜休止期という周期を繰り返しているのです。

 

髪の毛の約90%が成長期であり、一般的に1日で0.3mm程伸びています。

 

 

私事ですが、髪の毛は伸ばすだけ伸びるものだと思っていました。でもそうじゃないのですね。伸ばし続けてもいつかは抜けてしまうのです。

 

 

但しこれは健康な頭皮や髪を持つ人のヘアサイクルであり、正常な毛周期ならば成長期で太くたくましい髪を次々に生成し続けていきます。しかし成長期が短くなると、毛が十分育つ前に後退期へと移行してしまいます。髪はどんどん細くなり量も減っていくのです。

 

 

そういえば、何かのテレビで1日50本から100本の抜け毛があるのは問題ないというのが放送されていました。確かにこれは問題ありません。全体の約10%は休止期でいつ抜けてもおかしくない状態にあるわけですから、シャンプーで毎日髪が抜けても正常なサイクルだと言えます。

 

 

しかし、明らかに抜け毛が増えた人、髪が細く弱々しくなってきている人、薄毛が目立ってきている人は毛周期が乱れている可能性が高いです。

 

 

但しこれって確認しにくいですよね?春や秋にごっそり頭髪が抜ける人もいますが、それでもまた正常に毛が生えてくる人もいます。

 

 

妊娠中に抜け毛が多くなり、出産してホルモンバランスが戻ると正常な髪の毛に戻る女性も多いです。正常なヘアサイクルによって休止期に入り抜け落ちた髪の
毛には特徴があります。毛母細胞からの適切な生成を受けて使命を終えた髪は、栄養をしっかり受けた痕跡として毛根が球形となるのです。

 

 

抜け毛全体が細く弱々しく毛根が確認しずらい場合、ヘアサイクルが乱れている可能性が考えられます。

 

 

成長期で十分な成長が出来ず、休止期に髪がすぐ抜け落ちてしまうのです。休止期の髪を留めたい気持ちも分かりますが、次に生える髪を太くしていくことを前提に考えて良いと思います。

 

 

毛根や頭皮の健康状態を改善し、健康な髪が育つ環境を創りだすことです。そのためには専門スタッフに相談し、一緒に対策していきましょう。

 

 

頭皮環境を綺麗にするシャンプーはコチラ