「AGA」とはAndrogenetic  Alopeciaを略したもので、男性型脱毛症です。

20代や30代という若い世代なのに、徐々に額がM字に後退したり、頭頂部がカッパの様に薄くなる症状です。この2つが同時進行する複合型薄毛という症状もありますが、はっきり言えば「若ハゲ」のことです。

 

 

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度の割合で検出されており、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短いので、髪の毛が成長する前に抜けてしまいます。この為に十分育たず細く短い髪の毛が目立ってしまい、全体的に薄毛になるのです。

 

 

もう1つ、頭頂部のカッパ型薄毛(O型薄毛)は、頭皮の血行不良によるものも考えられます。血行不良の為に髪の毛に栄養が行き届かず、健康な髪が育ちません。結果的に薄毛になります。

 

 

AGAの怖い所は、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していく事です。

 

しかし普通は、薄毛になっても産毛が残っているものです。もしも産毛が残っているのなら、毛包が存在している事になります。ですから髪の毛は再び太く長く育つ可能性があるのです。その為には専門家の指示に従って、自分の頭皮に適切なアプローチをしなくてはいけません。

 

 

間違っても自分流のアプローチをしないで下さい。その道の専門家に頼んで“毛活”する、これこそがAGA治療です!

 

 

AGA治療とはどの様な事をするのでしょうか?

まずはカウンセリングです。カウンセリングで薄毛の悩みを相談します。その際に治療の内容・注意事項・治療費等の説明を受けます。無料で行っている事が多いので、事前に電話等で確認して下さい。この際に料金などで不満があれば治療しない方針でいけば良いですし、治療を決意したら初診を受けます。

 

 

初診では、専門医師が頭髪や頭皮の状態と、身体全体の健康状態も診察します。血液検査や薄毛部分の写真撮影もします。ここからは再診となります。自分に合う薬を処方されますが、有名なのはAGA治療薬のプロペシア、ミノキシジルなどの内服薬です。外用薬が処方される事もあります。大体30日分(1月分)を処方されると思いますので、薬が無くなる頃に再度診察の予約を取ります。

 

 

AGAの治療は主に薬の処方ですが、各専門病院によって違いがあります。医薬品投与の他に、AGA遺伝子検査、育毛メソセラピー、メディカルヘッドスパなど、色々な治療方法を採り入れている専門病院が多いです。全て個室対応の専門病院が多く、患者さんのプライバシーを守ってくれるなど親身な対応をしてくれます。逆に、カウンセリングで無理に勧誘する様な所は気を付けて下さい。治療費の価格設定がオープンかどうか、納得の価格か、この辺りをしっかりと確認する事を忘れない様にしましょう。

 

 

アフターケアがあるか否かも確認すると良いですね。育毛の効果が見えてきたら、基本的にもう受診や服薬は必要なくなります。しかし気を抜かない為にも、経過観察ということで数か月に1回状態を見てもらうと安心できます。

 

 

頭皮ケアシャンプーはコチラ