リンス?コンディショナー?トリートメント?

シャンプーで髪を洗った後は、どうしても髪の毛がゴワゴワしてきしみます。

 

シャンプーで頭皮や髪の汚れを落とすと同時に、髪の表面に存在するキューティクルまで取り除いてしまうからです。

 

そのままでは傷んでしまいますので、大抵はその後でリンスやコンディショナーをするでしょう。

 

美容院ではシャンプーの後にトリートメントをしてくれる所もありますし、ドラッグストアでもトリートメントが売られています。ここでちょっと疑問が生まれますね?

 

リンスとコンディショナーって何が違うのか?更にトリートメントの違いは?それぞれの違いを調べてみました。

 

それぞれの役割を説明しましょう

リンスの役目は先ほども少し述べましたが、シャンプーでキューティクルを失った髪にリンスの成分でコーティングし直します。
シャンプーやお湯ですすいだせいで髪本来の水分も失われているので、リンスの油分で補ってあげて髪の水分蒸発を防ぎます。このお蔭で髪に艶が生まれ、ドライヤーの熱からも髪を守ってくれます。

 

ホコリなどからも髪を守る役割もしてくれるのです。

 

 

次にコンディショナーについてですが、こちらはリンスと役割が同じと考えて良いです。
ただ、リンスよりも効果が高い様です。リンスよりも保湿効果を高めたものがコンディショナーと考えて良いでしょう。

 

※ここでちょっと余談です・・多くの人がシャンプーやリンスを同じ物で揃えると思うのですが、私もそうです。シャンプーとリンスを別の物で分けると、せっかくの効果が減少する気がするからです。あと香りが同じ方が良いですしね。そして思うのが、ここ最近“リンス”と呼ばれる商品が少なくなっている事実です。リンスとコンディショナーの違いは保湿効果みたいですが、どうやら最近リンスが姿を消しつつあります。新発売のシャンプーをチェックすると、大抵が「シャンプー」「コンディショナー」「トリートメント」というセットで販売しています。後は洗い流さないトリートメントとか、寝癖を直すミストなどがお揃いで販売しています。時代は「リンス」→「コンディショナー」へと変わりつつあるみたいです。それでも実家では皆「コンディショナー」を「リンス」と呼びますが(笑)リンスの方が馴染みがあったりしますよね。

 

 

トリートメントについては、随分違ってきます。リンスやコンディショナーは髪の表面を保護する役割なのに対し、トリートメントは髪の内部まで成分を浸透させます。ダメージ部分にまで栄養を補給する事が可能なので、髪の内側からの回復が期待できます。

 

 

リンスやコンディショナーがボトルタイプなのに対し、トリートメントはチューブタイプなのが多いです。内容も随分コッテリしていて、数分間髪に留まりやすい様になっています。大半のトリートメントが10分感程髪につけたまま成分を浸透させる事を必要としており、この際蒸しタオルを頭に巻いて密封させると、よりトリートメントの効果を実感できます。

 

 

但し、毎日トリートメントをする必要はありません。週1回程度を目標とし、継続させる事に気を使って下さい。お金に余裕があったら、美容院でのトリートメントも良いです。驚く程髪質が良くなりますのでお勧めです。

 

 

髪の負担の少ないシャンプーはコチラ