頭皮の痒みが起こるメカニズム

冬場など乾燥した時期になると頭皮に痒みを訴える人が増えてきます。

 

頭皮の痒みの原因はいったんなんなのでしょうか?痒みのメカニズムを調べました。

 

頭皮の痒みの原因はズバリ頭皮の炎症です。

 

頭皮に雑菌が増えてしまいそれらが元で炎症が起きることで痒みが出てきてしまうのです。

 

雑菌が増えてしまう原因は頭皮が清潔に保てておらず不衛生になってしまっていることが主な要因です。

 

洗髪が不十分ですと頭皮にシャンプーのカスが残ってしまったり、皮脂が溜まってしまいます。
シャンプーの残りカスや皮脂というのは雑菌にとって栄養となってしまうため、頭皮に雑菌を繁殖させてしまう原因となります。

 

 

洗髪でしっかりとシャンプーを洗い流し、皮脂もしっかりときれいにすることが重要です。

 

また、洗髪がしっかりとできていたとしても、洗髪のやり方がわるく頭皮が傷ついてしまい、それらのキズが元で雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうこともあるんです。

 

 

頭は髪の毛に覆われている分、頭皮は元々体中の皮膚の中でも一番弱い皮膚なのです。
そのため、洗髪のしかたを間違えると頭皮を傷つけてしまい、キズによって炎症がおきて痒みを招くことになってしまうのです。

 

間違った洗髪方法が原因です

間違った洗髪方法は様々ですが、キズを付けてしまう洗い方としっかりと洗い流せていない洗い方の2つになります。

頭皮を傷つける洗い方

・爪を立ててゴシゴシと頭皮を洗っている

頭がかゆいからついつい爪を立てて洗ってしまいがちですが、上記で述べたように、頭皮というのは人体の中でも一番皮膚が弱い部分の一つです。爪を立てて洗うことで頭皮が傷だらけとなってしまい、そのキズに雑菌が入ることで炎症が起き、炎症が元で痒みを引き起こしてしまいます。洗うときは指の腹でなでるように洗い、決して力を入れすぎてはいけません。なでるように洗うだけで十分頭皮の汚れは落とすことができるんですよ。

・熱いお湯で髪の毛を洗っている

熱めのお湯で髪の毛を洗うことも注意が必要です。寒い時期になるとついついお湯を熱くしてしまいがちですが、頭皮は弱い皮膚ですので、熱いお湯をかけることはいってしまえば頭皮を火傷させているようなものです。火傷は皮膚の炎症の一つですので、これも痒みの原因となってしまいます。お湯は40度くらいがベストです。皮膚が弱い人では38〜39度くらいのちょっとぬるめくらいのお湯を使用するといいですよ。

しっかりと洗い流せていない洗い方

頭を洗い流すときにはシャンプーや頭皮をしっかりと洗い流すことが重要です。シャンプーの残りカスと皮脂がしっかりと洗い流せないと、それらは雑菌の栄養となってしまうため痒みのある人は長い時間をかけてしっかりと洗い流すように心がけましょう。最低でも2分〜3分は流すようにしましょう。また、洗い流すときでもしっかりとキレイにしようと爪を立ててはいけませんよ。洗髪時と同様に指の腹を使って細かくなでるように意識しましょう。

 

 

頭皮ケアに効果抜群のシャンプーはこちら