円形脱毛症は気づいたら出来ています

自分は髪の毛が多いからハゲとは無関係だと思っていても、ある日突然悩む事になるかもしれません。

 

それが円形脱毛症の恐怖です。

 

年齢やホルモンバランスの変化から頭全体の髪の毛が薄くなっていくと、これはハゲてきている事を意味します。

 

額が広がっていったり、頭頂部の髪の毛から薄くなっていくのもそうです。

 

 

対して円形脱毛症は、突然頭髪の中に10円玉程度のハゲを見つける様な感じです。
髪とハゲの境目がハッキリしていて、見つけると驚く人が多いです。

 

 

自分では分からずに美容院で発覚したり、家族に指摘されて初めて円形脱毛症を自覚する人もいます。
子供でも円形脱毛症になる可能性はあるのです。徐々に不安になるハゲに対し、円形脱毛症はいきなり発覚してショックを受けます。

 

 

この様に全く違う症状の脱毛なのに、治療や対策方法を同じくくりで考えるのは止めましょう。円形脱毛症に対しての治療法を勉強して、焦らず治していって下さい。

 

円形脱毛症の治療と対策は?

軽度の円形脱毛症であれば、特別な事をしなくても半年程度で自然治癒する事が多いです。
なるべくストレスの無い生活を心掛ける事と、化学合成物質の含まれていない低刺激のシャンプーで優しく洗うようにすると良いでしょう。

 

 

円形脱毛症の部分が大きかったり、徐々に脱毛範囲が広がっていく場合、ストレスや自己免疫力の低下が原因だと考えられます。
ストレスによって代謝異常が起こり、髪を作り出す機能が正常に働かなくなるのです。

 

 

普通のハゲと同じ事だと捉える事も出来ますが、特に円形脱毛症の場合は、その髪に係わる神経がプチッときれた状態だと解釈すると良いです。ですからこの部分をまたくっつけるイメージで、ストレスを緩和させましょう。

 

 

何が自分にとってストレスなのか分からない場合もありますので、そんな時は睡眠を十分にとる事から始めて下さい。
円形脱毛症の部分を鏡で何度もチェックしたり、触ったりするのは止めましょう。

 

 

ただでさえ円形脱毛症で悩んでいるのに、何度も見るとこれこそがストレスになります。喫煙やアルコールの多飲なども避け、バランスの良い食事をして下さい。この機会に生活習慣を見直してみるのも良いと思います。

 

 

1人で悩むと余計ストレスになりますので、病院で医師に相談するのも良い対策方法です。

 

円形脱毛症は主に皮膚科で診てもらいます。脱毛外来があれば、そちらでも大丈夫です。
結構多いのが、医師の助言を聞いただけで気持ちが楽になりそのまま治癒するケースです。

 

 

医師の「大丈夫ですよ」の一言で不安が消え、前向きになれる人が結構います。外用薬(ステロイド)や飲み薬を処方される事もありますし、注射を打つ治療(ステロイド局注)もあります。この注射は患部に打ちます。

 

 

紫外線を当てる等の物理化学療法もあります。
保険適用なのか否かを説明してもらい、副作用についても十分に相談して、自分が納得してから治療を開始して下さい。

 

 

頭皮にストレスをかけないシャンプーはコチラ