主人の体験談を紹介します

私の主人が、ここ数か月頭皮の痒みで悩んでいます。

 

本人も知らないうちに手が頭にいき、気が付くとぼりぼりと掻いている状態。

 

こちらも見ていると可哀想になってきてしまいます。本人も私もなぜこんなに痒いのかが分からず、ネットや本で一通り調べてみました。

 

まず思い当ったのが、頭がちゃんと洗えてないという理由です。しかし主人がシャンプーをしている所を何度かチェックしましたが問題さそう。

 

 

もう1つ思い当っていた、すすぎが不十分というのもクリアです。

 

主人も気を使って何度もすすいでいましたから。逆に洗い過ぎで頭皮が乾燥しているのかも?と思い、シャンプーを一日置きに変更してみました。が、毎日当たり前の様にシャンプーしていた夫は頭皮の蒸れを訴え出しました。髪もべたついてしまい、逆効果です。

 

 

その後もシャンプーをトニックに替えてみたり、シャンプー後にすぐドライヤーで乾かしてみたりもしました。本に書いてあったのは、夜にシャンプーとしてから十分に乾かさないで寝てしまうと頭の中で菌が繁殖を起こすとの事、それが痒みにつながり最悪の場合は抜け毛を引き起こしてしまうらしいのです。

 

 

ですから主人も寝る前にはドライヤーでしっかり髪の毛を乾かす様になりました。
しかし痒みの症状は一向に改善されません。それどころか頭皮を掻きすぎてフケまで出始める始末です。

 

 

どうしようもなくなり結局皮膚科へ。何か重大な病気ではないかと心配になり、私も同行しました。そして先生から言われたのはちょっと意外な診断結果でした。原因で一番考えられるのは『ストレス』との事。

 

 

主人も最初は驚いていましたが、思い当る節はある様です。職場内での移動、上司と部下に挟まれて大変な日々、残業で帰りは深夜ばかり、たまの休みも休日出勤があったり上司との付き合いがあったりして、へとへとな毎日。そういえば体重も減って白髪も増えてきたかな・・・。

 

 

先生曰く、ストレスや不規則な生活習慣も頭皮痒みの大きな原因となるとの事。

 

 

主人の様にストレスで常に心身が緊張状態にある人は、その防御本能から汗をかきやすくなって頭皮にまでそれが影響、その結果痒みやフケへと症状が悪化してしまうのだそうです。

 

 

睡眠不足や食生活の乱れも頭皮の痒みに繋がると教わりました。ホルモンバランスの乱れから皮脂の過剰分泌が起こってしまい、痒みへと進展してしまうそうです。

 

ストレスを全くなくすのは難しいですが、食生活の改善や休日はなるべく休ませてあげるなど、妻である私に出来る事は積極的にしてあげたいです。

 

 

頭皮ストレスを解消するシャンプーはコチラ