円形脱毛症の原因は?

「10円ハゲ」との言葉を聞いた事はありませんか?これは俗に言う円形脱毛症です。

 

ある若手タレントが政治家に立候補して、選挙戦のストレスから円形脱毛症になった事を熱弁していました。

 

某アイドルグループに所属していた頃の人気アイドルも、円形脱毛症で通院していた事をツイッターで告白しています。

 

サラリーマンの上司も結構円形脱毛症に悩まされるケースがあるそうです。

 

円形脱毛症の原因ははっきりと確定していないものの、現段階で考えられるのは「精神的ストレス」「内分泌異常」「自己免疫疾患」「遺伝的素因」の4つです。
これらをもう少し掘り下げながら、円形脱毛症の原因について考えていきましょう。

 

原因とされている要因

【精神的ストレス】

昔から精神的ストレスで円形脱毛症になるという説はささやかれていますが、明確な因果関係というものは証明されていません。しかし上記に記載した様に、ストレス社会で生き抜いている人達が円形脱毛症にかかるケースは実際に多いです。人間関係のトラブルは勿論、環境の変化や精神的圧力を受けた人が円形脱毛症で悩まされています。ストレスに抵抗する為に交感神経が活発に動くのですが、ストレスが強すぎたり長引いたりすると交感神経が異常をきたします。すると血管は収縮し、頭部への血流が悪くなります。その結果毛根への栄養補給が行き届かなくなって脱毛へと繋がるのです。
ストレスと全く無縁の生活は正直出来ないでしょう。まずストレスを上手に発散する方法を見つける事と、十分な睡眠をとる様心がける事から始めると良いと思います。もしもストレスが直接的な原因だとすれば、多くの場合約6ヵ月程で自然に治癒すると言われています。

 

【内分泌異常】

内分泌系は身体の様々なホルモンを代謝する役割があり、正常な身体の機能維持のためには欠かせないものです。この内分泌系が様々な要因により異常をきたしてしまうことにより、ホルモンのバランスを崩すことが脱毛に影響すると言われています。

 

【自己免疫疾患】

自己免疫疾患とは、外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。円形脱毛症の場合、髪の毛根を敵だとみなして攻撃してしまい、その攻撃によって毛根が傷んで
抜け落ちてしまいます。なぜこの様な異常事態が起こるのか明らかではありませんが、そもそも髪の毛はデリケートな部分なので、いち早く被害を受けやすくなっていると言われています。
また自己免疫疾患とアトピー性皮膚炎は、深い関係があるのではないかと言われています。アトピー持ちの人は、自己免疫反応に異常がある為に肌が影響を受けています。その免疫機能の異常が髪の毛にも及んでいると考えることができるのです。実際に、円形脱毛症の方の約40%がアトピー性皮膚炎を持っていると言われており、アトピー性皮膚炎の子供の多くが円形脱毛症になり易いとの報告もあります。

 

【遺伝的要素】

ある調査で、家族内での円形脱毛症の発症が約3割あることや、一卵性双生児では両者が円形脱毛症を発症する確率が高いのに対し、二卵性双生児の場合は片方だけが発症することが分かっています。他にも、ストレスを受けやすかったり疲れやすかったりと、体質においての遺伝も考えられます。家族全員が神経質、そして皆円形脱毛症・・・思い当る節はあるかもしれません。遺伝性の円形脱毛症は治療が比較的容易で、気が付くと完治している場合もあります。早めに病院へ行く事が治癒への近道と言えそうです。

 

刺激の少ないシャンプーで頭皮をケア