予防が一番大事!!

薄毛に悩む人にとって、髪の毛がふさふさな人はとても羨ましいです。

 

それだけで若々しく見えますし元気に見えますから。

 

薄毛だというだけで老けて見えるのはとても悲しいですね。

 

気にして頭皮をあの手この手で隠すと余計不自然になりますし、神経的にも気を使います。

 

今のうちから薄毛予防を怠らない様にする事で将来有意義に過ごす事が出来るのですから、まずは薄毛予防の方法を知っておきましょう。

 

薄毛と食べ物の関連は?

薄毛には食べ物が深く関係していると言われています。

 

身体を作りあげるのは食べ物ですから、食生活が悪ければ身体も悪くなってしまいます。

 

日本人は元々穀物類を中心とした食生活を続けてきたのに、年々食生活が欧米化しています。

 

肉類や乳製品などの動物性食品を多く摂取しているのが目立ちます。

 

動物性食品が全般的に悪い訳ではないものの脂肪分が多く、皮脂の分泌量が多くなってしまいます。そうなると頭皮の毛穴が詰まり、薄毛へと前進してしまうのです。

 

もう1つ、動物性食品は男性ホルモンの分泌量が増えると言われています。
男性型脱毛症の原因は男性ホルモンによることが多いですので、そこからも薄毛を導いてしまいます。

 

動物性食品を全く摂取しないのも問題ですが、穀物や野菜類とのバランスが大切です。肉と魚のバランスを考慮し、根菜類や緑黄色野菜、海藻類をバランス良く食べましょう。スナック菓子ばかり食べる生活を見直す事と、深夜遅くに食事をする人も気を付けた方が良いです。三食しっかり食べる事にも気を使って下さい。

 

生活習慣を正すことも重要

生活習慣の乱れも薄毛に近づきます。

 

髪の毛が形成される夜中には熟睡している事が大切です。

 

夜10時位には就寝して、朝5〜6時頃に起きるのがベストです。

 

タバコはニコチンが関与して血液の循環を悪くしますし、アルコールの大量摂取も身体に良くありません。

 

身体に悪い事は頭皮にも悪いので、アルコールもほどほどにして下さい。

 

お風呂をシャワーだけで済まさず、しっかりと湯船につかって1日の疲れを取ります。

 

 

しっかり湯船につかる事で頭皮の汚れも浮き上がってきますから、シャンプーが楽になります。
整髪料をつけたまま眠るのも良くない事なので、まず湯船につかって整髪料を浮き上がらてからシャンプーするという方法で、整髪料が毛穴に入り込む事を防いでほしいです。この様な事を毎日続ける事が重要と言えます。

 

少しお金をかけて出来る薄毛予防

今まで述べた薄毛予防は、あまりお金が掛からないやり方です。
お金が掛からないので取り組みやすいですし健康的にもなれますが、薄毛対策の効果が手に取る様に分かる訳ではありません。

 

 

どうしてもはっきりとした効果を実感したいのなら、これらの方法に薄毛専門のシャンプー等を付け足すと良いでしょう。
薄毛に良いシャンプーとは低刺激のもの、成分としてはアミノ酸系である事が基本です。

 

 

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が優しく、必要以上に皮脂を流しません。

 

髪の汚れは落としつつも栄養となるタンパク質の成分は失われませんので、頭皮にとても良いのです。育毛成分が配合されているトニックなどで頭皮をマッサージする事もお勧めですが、マッサージの方法を間違うと逆効果となります。マッサージ方法を良く勉強してから実践しましょう。

 

 

シャンプーでもトニックでも言える事ですが、肌トラブルがおきやすい人はパッチテスト等をしてから使用して下さい。
正しい頭皮ケアは様々なトラブル解消に効果的です。正しい方法できちんとケアする事を続ければ、将来の薄毛やトラブルを防ぐ事が出来る筈です。

 

 

頭皮環境を綺麗にするシャンプーはコチラ