頭がネバネバ?!これって何?

ネバネバ頭皮に悩む人、最近増加しています。

 

一番の原因は皮脂分泌が過剰になり過ぎている事で、古い角質と混ざってベタベタネバネバするのです。

 

フケも多くなりますが乾いたフケが肩にこぼれ落ちるのではなく、大きくてべたついたフケが出る様にもなります。

 

フケというよりも皮膚が剥がれている感じの場合もあります。
そして不快で痒いので掻いてしまいます。

 

掻かずに我慢していても、夜寝ている時に無意識に掻き毟っている人が多いです。

 

その結果頭皮はますます敏感になり、皮脂の異様発生や頭皮の痛み、炎症、抜け毛にも発展してしまうのです。ここまで酷くなると皮膚科を受診するべきですが、受診すると「脂漏性湿疹」と診断されるケースが多く見られます。

 

脂漏性湿疹とは?

脂漏性湿疹は珍しい皮膚の病気ではなく、皮膚常在菌が深く関わっています。
つまり「カビ」です。このカビは通常悪さをしない、誰にでも住んでいるカビなのですが、皮脂が大好物だという特徴があります。

 

そしてもう一方で、肌を正常にたもつために良い働きをする菌もいます。それらがバランスよく住みついてくれることで、健全な肌が保たれています。しかし!良い働きをする菌がなんらかの原因で死滅したり少なくなると、カビ菌(マラセチアと言います)が急増てしまいます。

 

 

皮脂が大好物のこの菌にとって頭皮は格好の住家となり、増殖して居座り続けるのです。つまり脂漏性湿疹やその序章といえるネバネバ頭皮に悩む人は、常在菌が少なくなっている又は死滅していて、カビであるマラセチア菌が勝利している状況です。

 

脂漏性湿疹の序章であるネバネバ頭皮に悩んでいるのなら、まずは専門医に相談する事です。

 

皮膚科へ受診しましょう。ネバネバ頭皮位で受診なんて・・と躊躇するかもしれませんが、脂漏性湿疹と変わりません。そして薬を処方してもらい、治療に専念しましょう。ネバネバ頭皮は自分だけでなく、周囲も不快にさせてしまうものです。髪までべたついたり、仕事柄黒いスーツを着る人はフケがスーツの方について目立ちます。清潔感を求めるのならば、受診するのが一番です。
受診と共に、自分で出来る事もあります。シャンプー・リンスの見直しです。通常の安いシャンプーは、どうしても頭皮に刺激を与えてしまいます。特にデリケートになっている状態の頭皮に、今まで通りのシャンプーで刺激を与え続けるのは良くありません。低刺激のアミノ酸系シャンプーなど種類も豊富ですので、1度見直してみるのが良いと思います。

 

 

もう1つ、食生活や生活習慣の見直しも大切です。ネバネバ頭皮は飲む機会が多い30代〜40代に多く見られます。

 

お酒ばかり飲んで水分の摂取が少ないと、アルコールはいつまでも体内に残ります。
アルコールは内蔵に負担をかけるので、肌荒れの原因になります。お酒と同時に油っこい物ばかり食べていると、頭皮のネバネバにも影響します。

 

 

過剰な喫煙も控えて頂きたいです。しっかり睡眠時間を確保し、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

 

頭皮を綺麗にするシャンプーはコチラ