年々髪が薄くなる恐怖はたまりません・・・

年を重ねると、身体の色々な部分に変化が伴ってくると思います。

 

変化が躊躇に表れるのが髪の毛です。

 

若い頃はフサフサの髪の毛だったのに、30代後半位から薄毛が気になり始める人は多く、不安になってやみくもに対策しては症状を悪化させている人は結構多いです。

 

せっかく対策するのならまず薄毛の原因をしっかり理解し、自分に合った対策を練り直しましょう。

 

原因は一体何なんだ?ある実験結果

薄毛の原因で一番有名なのがホルモンバランスです。

 

良く『エロい人程禿げる』と言いますが、これはとある研究者が実験した結果、“禿げ進行中の人が去勢(睾丸搾取により男性ホルモンの低下)をしたら薄毛の進行が止まった”→“去勢した人に男性ホルモンを投与すると再び薄毛が進行しはじめた” この様な事が分かったからだそうです。

 

どうやらジヒドロテストロン(DHT)という活性型の男性ホルモンが、髪の毛の発毛の成長を妨げる事と深い関わりがあるとの事。

 

ここから先は専門用語ばかりの説明になってしまうので省略しますが、ジビドロテストロンの影響は生え際や頭頂部に現れやすく、その影響でM型やO型の薄毛が多いといわれています。これらの影響による薄毛は男性型脱毛症と呼ばれ、現在ではAGAとして広く知られるようになっています。

 

 

薄毛は遺伝的要素が大きいとの見解もあります。しかし、絶対的な確定事項ではありません。

 

自分が禿げてきた時に歴代の先祖を並べ、1人でも禿げた人がいたら「やっぱり遺伝だ」と結びつけるケースが多いです。
もしも両親や祖父の禿げまでが遺伝していたら、日本中・・・いや世界中に禿げた人間が蔓延します。

 

 

どちらかというと禿げそのものが遺伝するのではなく、ホルモンバランスの遺伝や同じ食生活、同じシャンプーやリンスを使用する、生活習慣が似てくるなどが原因と考えた方が対策が練りやすいです。

 

 

ストレスも薄毛の原因になり得る様です。ストレスによって自律経やホルモンバランスが乱れてしまい、血流が悪化します。

 

髪の毛への栄養分は血液によって運ばれますので、血流が悪化すると毛根に栄養分を運べなくなってしまうのです。円形脱毛症の原因もストレスが原因だといわれていますし、女性の場合過度なダイエットもストレスとなって薄毛に繋がったりします。

 

薄毛に対する対策は?

生活習慣を見直す事も薄毛対策となります。

 

健康な頭皮を保つには、栄養バランスの摂れた食事が必要です。

 

毛髪を作る為のたんぱく質だけでなく、代謝を助ける補酵素のビタミン・ミネラルをバランス良く摂取する事、お酒は適量なら良いが過剰摂取は控える事、ついでにお供のおつまみの栄養も考えて下さい。

 

タバコはニコチンが血管を凝縮させる働きがあると言われていますので、薄毛に悩むのなら止めましょう。

 

睡眠不足も要注意です、適切な睡眠をする事によって肌のターンオーバーは正常になります。頭皮にも同じ事が言えますので、土台を正常にしてあげて下さい。不健康な土壌からは不健康な草しか生えませんから、毛髪も同じ事が言えます。

 

 

外的な要因から薄毛に発展してしまうケースもあります。帽子やヘルメット着用での蒸れ、紫外線を浴び過ぎた事による退化、1番気を付けて頂きたいのが不適切な洗髪です。

 

 

最近はドラッグストアなどで安くシャンプーが購入できますが、これらのアルコール系シャンプーは極端に洗浄力が強く、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。そうなると頭皮は更に皮脂を分泌し、頭皮がベタベタしたりフケが出たり炎症を起こしてしまいます。この様な頭皮から健康な毛髪は生える訳がなく、細く弱々しい毛ばかりが生えてやがて抜け落ちてしまいます。

 

 

少々お値段は張りますが、弱酸性のアミノ酸系シャンプーが望ましいです。すすぎをしっかり行い、自然乾燥は避けてきちんと乾かして下さい。

 

 

頭皮環境を改善するシャンプー?!