フケの原因と解消法を教えます

小さいころ好きな男の子がいて、毎日その子に憧れながら授業を受けていました。

 

ついにその男の子と隣同士の席になって嬉しかったのですが、近くで見ると頭にフケがついているんですよね。

 

小さいながら衝撃的で、あっけなく私の初恋は幕を閉じました(^_^;)

 

この様にフケってどうしても不潔な印象を与えがちです。いくら顔が可愛くてスタイルが良くて髪の毛が綺麗でも、頭にフケが沢山あったら・・・?

 

それだけでかなりマイナスイメージになってしまいます。でも本当に不潔だからフケが発生するのでしょうか?そしてどうやったらフケが解消できるのかまで、幅広く考えてみましょう。

 

フケには2つの種類が存在するんです!!

フケの種類を知りましょう

1つ目は「乾燥タイプ」で、パラパラと乾いた感じの細かなフケが出る状態です。洗髪を頻繁にし過ぎたり、爪を立てて洗髪したり、熱いお湯ですすいだり、熱風の出るドライヤーで長い時間髪を乾かしたりした場合、この様なフケに悩まされる事があります。乾燥する冬場に多いですね。

 

2つ目は「脂漏タイプ」で、頭皮に皮脂が多量に分泌し、同時に増殖した菌によって皮膚に刺激を与えます。結果炎症と同時に表皮のターンオーバーが早まり、皮膚が剥がれてフケの症状となって現れるのです。こちらは本格的な予防や治療を行わないと治りにくく、根気がいります。脂漏タイプの原因は様々で遺伝的要素も関係しています。元々脂性の人は、脂漏タイプのフケに悩まされる事が多いです。他にも生活習慣の乱れ、ストレス、ビタミンBの欠乏、刺激の強いシャンプーの使用などが原因として挙げられます。

フケの解消法を知りましょう

次にそれぞれのフケについて、解消法を考えていきましょう。まず「乾燥タイプ」ですが、極力頭皮の乾燥を防ぐべきです。
部屋に加湿器を置く、洗髪の際、シャンプーやリンスはぬるま湯ですすぐ、爪を立てず指の腹でマッサージする様に優しく洗う、ドライヤーを使用する際は温風と冷風を交互に使うなどです。思い切って洗髪を2日に1回にしてみるのも手です。不潔に思われがちですが、頭は絶対に毎日洗わないと不潔という訳でもありません。冬なら2日に1回でも全然大丈夫です。

 

次に「脂漏タイプ」ですが、こちらはちょっと重症化しています。まずは皮膚科に足を運び、医師の元で改善策を考えるのが1番です。抗炎症作用のあるステロイド外用剤を投薬してくれる事もありますし、飲み薬を処方される事もあります。むやみにセルフケアするのではなく、医師の判断に従って治療しましょう。ビタミンBの欠乏が症状を悪化させる場合もあるので、ビタミン薬(ビタミンB2、B6)を内服されるかもしれません。されなくてもサプリで代用もできます。生活習慣の見直しも大切で、睡眠を十分に取る事や食生活の乱れを治す事、ストレスを溜めこまない様に自分なりに発散する事で改善が期待できるのです。シャンプーを変えてみるのも1つの方法で、一般的な高級アルコールシャンプーを使っている様でしたら、刺激の少ないアミノ系シャンプーを使ってみて下さい。最初は泡立ちや洗い上がりの爽快感の無さに違和感を感じるかもしれませんが、長く使うと少しずつ効果が表れると思います。

 

男女で違う?頭皮ケアに最適のシャンプーを探す