話題のノンシリコンシャンプーについて調べました

ノンシリコンシャンプーのCMを良く見かける様になりました。

 

「生まれたての髪へ」とか「余分な物はいらない」とか、何となくシリコンシャンプーが悪いという感じに聞こえます。

 

本当にそうなのでしょうか?私も最近、CMに惹かれてノンシリコンシャンプーを使ってみました。

 

ドラックストアで手軽に買える様になりましたしね。それでも「?」な商品もありますが(^_^;)

 

今回は話題のノンシリコンシャンプーについて、もう少し詳しくお伝えしていきます。

 

ノンシリコンシャンプーって?

まずシリコンとは何かですが、シリコンとは化学反応によって作られる完全人工物の事です。

 

髪のキューティクルに張り付いて、手触りを良くしたり光沢を出します。
表面的な美しさを出す役割はあるものの、髪の毛を中から修復したり保湿する様な効果はありません。
“保護”はするけれど“補修”はしないという訳です。

 

この成分に頼ったヘアケアを続けていると、毛根や毛穴が詰まって栄養分が届かずに髪の毛が弱ってしまう事もあります。
何だか頭皮がべたつく・・・頭皮が痒い・・・この様な症状がある場合、シリコンが毛穴を塞いでいるからかもしれません。

 

次に、文字通りですがシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。

 

昔は泡立ちが悪かったり、シャンプーした後の髪の毛のきしみが課題でした。
しかし年々改善されていて、とても使い心地の良いノンシリコンシャンプーが販売されています。

 

とにかく頭皮に優しいのはノンシリコンシャンプーで、シリコンが毛穴に詰まる心配がないのが利点です。

 

シリコンでパーマやカラーリング剤をはじいてしまう事がないので、比較的パーマ・カラーリングがかかりやすく長持ちします。そして頭皮や髪が真っ新な状態になるので、ダメージ補修や改善をしやすくしてくれるのです。

 

しかしノンシリコンと謳っていれば絶対安心という訳でもなく、むしろ最近はノンシリコンシャンプーといって発売すれば売れる風潮なので、各会社がこぞってノンシリコンシャンプーを売り出しています。
そうすると結局成分が問題視されるのです。特にドラックストアで格安に売られているノンシリコンシャンプーだと、安価なラウリル系の合成界面活性剤が多く含まれている事があるのでご注意を!

 

また、コンディショナーやトリートメントにシリコンが上位表示されているものも多くあります。

 

これではまるで意味がありません。髪の毛にどうしても艶が欲しいと思うなら、シリコン入りのリンスを頭皮につけない様にして使うという方法もあります。が、結構面倒です。どちらにしても私の様に値段や流行りに踊らされず、きちんと成分をチェックして自分自身の用途に合ったシャンプーを見つけて頂きたいです。

 

 

頭皮や髪を守りたい方はコチラをお勧めします