石油系=高級アルコール系=普通のシャンプー

いきなり石油系シャンプーと言われても、ピンとこない人が多いと思います。まずドラッグストアやスーパーで良く売られているシャンプーのほとんどは、石油系シャンプーだと思って下さい。

 

今では高級アルコール系シャンプーとの名前で呼ばれる事が多くなりましたが、少し前までは石油系シャンプーと呼ばれていたのです。

 

環境に配慮して高級アルコール系シャンプーと呼ばれる様になったそうですが、有毒性があり環境汚染の原因なる事から、何ら変わりはありません。

 

ドラッグストアで良く売られているのが石油系シャンプーという訳ですから、現在も愛用している人は多いはずです。

 

だって価格は安いし泡立ちも良い、香りも良いし洗った後の爽快感も上々!

 

何より簡単に手に入るから楽ですよね。

 

 

しかし実際は危険が潜んでいます。

 

 

石油系シャンプーを簡単に説明すると、石油を使って抽出された化学成分を使用しているシャンプーのことです。

 

シャンプーの成分表示をチェックすると分かるのですが、【ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩】【ラウリル硫酸Na】【ラウリル硫酸カリウム】【スルホン酸Na】【ラウリル硫酸アンモニウム】【パレスー3硫酸アンモニウム】。

 

この辺りの「ラウリル」と「硫酸」がつく成分が表示されていれば、石油系シャンプーだと言えます。

 

先程も言いましたが、泡立ちが良く洗った後の爽快感が特徴的です。

 

製造コストが安く抑えられると共に大量生産がし易いので、始めから安い価格で販売する事が出来ます。

 

 

しかしトラブルが多い事が大問題です。

 

 

上で挙げたラウリルや硫酸という成分は、食器用洗剤や洗濯洗剤、歯磨き粉にも含まれているのです。

 

ですから汚れが落ちやすくピッカピカになるのは当然で、相当な洗浄力の強さだと思って下さい。

 

その結果必要な皮脂まで取りすぎてしまい、肌本来のバリア機能が低下して皮膚炎になる事があります。慢性的な痒みやフケに悩まされ、それが悪循環になると抜け毛や脱毛にも繋がります。

 

 

石油系シャンプーについて少しは理解してもらえたでしょうか?

 

 

どうしても石油系シャンプーを使いたいのなら、せめて念入りに洗い流す事です。

 

すすぎ過ぎる程すすいで、石油系化学成分を残留させない様に努めましょう。

 

しかしそれでも頭皮や髪の毛は、少しずつ少しずつダメージを蓄積している筈です。

 

気づかぬうちに毛根の活動が弱まって、細く弱々しい毛になる可能性があります。

 

昨日まで何ともなくても、今日いきなり頭皮に異常が出る事は珍しくありません。

 

今一度自分の愛用シャンプーを見直してみてはいかがでしょうか?手遅れになる前に是非お願いします。